賃貸経営のリスクを減らす

集合住宅

信頼関係を築ける管理会社

タンス預金をしても資産は目減りするばかりです。資金は動かすことによって増えていきます。資産運用といえば投資です。投資はリスクがありますが、最も安心して投資できるのがマンション経営です。マンション経営は一気に儲けることはできませんが、毎月安定した家賃収入があります。マンション経営のリスクは空室が出ることですが、その点はサブリース契約をすることでリスク回避ができます。マンション経営をする場合は管理会社に委託することになりますが、その時にサブリース契約を扱っている管理会社を選ぶようにします。サブリース契約というのは空室が出た時に、家賃保証をしてくれるシステムです。空室リスクをなくすことができますが、オーナーは監理会社に家賃収入の2割から3割の手数料を支払う必要があります。サブリース契約を結ぶ時には管理会社の選び方が重要になります。選ぶ基準は、マンションのメンテナンス能力や実績があるかどうかです。メンテナンスがまずいと空室が出やすくなるので、入居者が満足できるようなメンテナンスができる管理会社を選びます。その他の面では、管理会社の経営状況がしっかりしているかどうかをチェックします。企業体力を調べるためには民間の調査会社に依頼すれば、経営業績などは把握できます。サブリース契約を結ぶに当たって最も大事なのは、信頼できる管理会社かどうかです。家賃保証という大事な契約を結ぶのですから、信頼関係が築けるかどうかが大事です。