管理にかかる手間を省く

部屋

必要な管理を丸投げできる

投資によって手にしたマンションを経営して、家賃収入で利益を得るといった方法は近年では珍しいものではありません。購入すれば物件は資産として残り、入居者さえ決まれば確実に自分に利益をもたらすからです。とはいえ、ただ購入して賃貸で扱ったとしても、その後のマンション管理が必要になるため、手間がかかることも覚えておきましょう。入居者は人である以上、近隣住民とのトラブルが起きたり、使用していくうちに設備が古くなるといったことがあります。こうした手間を省くのに最適なのが、マンション管理会社への委託という方法で、家賃収入による利益の数パーセントで所持しているマンションを維持して、入居者にとって住み心地の良い環境を与えてくれます。マンション管理会社から人材を派遣し、その物件の管理人として日常的な点検や清掃、電球の交換といった雑用に瑕疵があった部分の補修など多岐にわたる業務をこなします。また、マンションでの致命的な故障や破損が見つかった場合は、日報などでオーナーに連絡を入れてくれるので工事の依頼を出すこともできます。入居者にとってはいつでもトラブルが起こる可能性がありますが、もし緊急事態が起こった場合でも勤務時間に関係なくマンション管理会社が対応してくれるのが大きな強みです。管理業務の全てを丸投げすることもできますし、一部の業務だけ自分で行い、手を出しづらい部分を任せるといったことも可能です。契約費用はその都度変わるので、家賃収入と合わせて出費がどれくらいになるか、検討して依頼すると良いでしょう。